株を売る 株は買う時よりも実は売るタイミングの人がむつかしいと言われていますが、買ったときより株が上がれば手軽に売れるのだとか。売るときの人がむずかしいのはなぜなら、迷いがあるからです。もう少し上がるかもしれないので、今手放すと損をするかもしれないとか、これで終わりにしておいた方がいいのではないかといった、迷いです。この迷いがありますのでに、買う時よりも株を売るときの方が、取引が難しいと言われていますね。 このような場合には、はじめにその株を購入する段階で、売値をまず予想しておきます。買ったときの値段が1000円だった場合に、予測して、1100円になったら売ろうと決めておいたり、900円にさがったら売ろうと決めておけば、迷うことはありません。売り方として、あらかじめ貴方の中で予測を立ててルールを決めれば迷う必要がないのでスムーズに、株を売ることができるようになります。 株は案外、何を購入しと言うより、どのタイミングで、如何に売るのか、そのタイミングを計る方がむずかしいとされています。自分の都合ノいいタイミングで、どれだけ打って利益を出せるか、それが株の売り方で利益を上げる方法です。 株初心者さんによくありがちなのが、迷いとは言え、迷ってどうしようか取引できなくてタイミングを逃す人もおおいでしょう。なので、その場合は、最初からルールを決めて、いくらになると売る、いくらまでさがったら売ると、決めておくようにすると、迷う事なく、坦々と取引ができてよいかもしれませんー